京都市中京区河原町四条上ル東側TSUJIKURAビル7階

TEL:075-221-4396

番傘と蛇の目傘の違い

和傘と番傘が違うものとして思われることも多いですが、もともと番傘は和傘の一種となります。
番傘は、素材の竹と和紙の良さを生かした、がっしりとした骨太で丈夫な作りが特徴的な和傘です。


番傘は江戸時代に生まれました。
古くは江戸時代に庶民の間で、安価かつ丈夫ということで番傘は広く好んで使用されてきました。
一方、色とりどりで細身の和傘は、上流階級に使用されてきました。

現在、番傘はそのがっしりとした作りから、男性の方が使われることが多くなっております。
また、色とりどりで細身の和傘は、男性女性問わず、お使いになられます。


辻倉では番傘・和傘に名前を入れるサービスをしております。
お世話になったお父様の還暦や日頃の感謝を込め、男性にお似合いの番傘をお贈りしてはいかがでしょうか。
また、番傘だけでなく、細身の蛇の目傘もお持ちになりやすく男性のお客様にもお選びいただいています。

 

番傘

プレゼント用の包装・ネーム入れの対応が可能です。
※文字数などによっては対応不可の場合がございます。詳しくは商品ページをご覧ください。